カテゴリ:旅行( 16 )

女3人 弾丸ポルトガル旅行 22-24 April 2012

d0092518_549176.jpg
4月の下旬に女子3人でポルトガル旅行に出かけて来ました!お互いそれぞれの都合があり2泊3日が適切との事もあり、なかなか大忙しなシティー・ブレイクとなりましたが、美味しく楽しい旅行となりました♪

旅行記は、フリーライターでもあるhammohammoちゃんが素敵に仕上げてくれましたので、是非そちらを参考にしてくださいませ♪ 私もまた読み返しては「あ~美味しかったわ~、次はどこかな~。」な~んてもうすでに第2弾への期待を膨らませています。(笑)

ポルトガルは食べ物が美味しく、治安も良いのでお勧めです!お試しあれ~。

1. リスボンへ★滞在ホテルとポルトガル・シーフード鍋風の夕食
2. リスボンから世界遺産シントラへ『ペーナ宮殿』
3. リスボンから世界遺産シントラへ2『ムーアの城跡』
4. リスボンから世界遺産シントラへ3『街歩きと銘菓』
5. リスボン最後の晩餐★シーフード三昧
6. 続・リスボン弾丸観光『ジェロニモス修道院』と元祖エッグタルト
7. リスボン市街を望む『サン・ジョルジェ城』
8. リスボン女子三人弾丸旅・完結編『アルファマ地区』とカステラ
[PR]
by bunnuby-yums | 2012-05-08 06:12 | 旅行

Krakow in Poland

d0092518_2171118.jpg

d0092518_2171288.jpg

同僚の結婚式参列の為、金&月とお休みを採って同僚&友人達と共にポーランドへ行ってきました♪

最寄のブリストル空港から2時間ちょっとの距離にあるポーランドの古都クラクフ。東ヨーロッパながらも西ヨーロッパのような洗練された美しさのある街並みで、とっても素敵な半日観光となりました。

今日はちょっぴりお疲れムードです・・・。
[PR]
by bunnuby-yums | 2011-10-25 21:07 | 旅行

夏休み開始!

金曜日より1週間の夏休みに入りました♪

体内時計でいつもと同じ時間に起きてしまい、寝室のTVをつけるとマイケル・ジャクソン死去のニュースが・・・。まさかっ?!と信じられない思いでしばらくボ~とニュースに観入ってしまいました。色々とネガティヴな報道が多かった彼ですが、やはりキング・オヴ・ポップになるにはそれなりの才能と実力、またそれ以上に努力もあった素晴らしいアーティストだったと思います。R.I.P Michael
d0092518_8573811.jpg

明日よりまた1週間ほどコンウォールへ行って来ます!
去年初めてコンウォール・デビューして以来のお気に入りで、今年はこれで2度目。今回は運良くも親戚が経営するコテージで予約が取れた事もあってのコンウォール行きとなりました。また大好きな海を満喫してくる予定です。

ウィンブルドンも盛り上がっていますが、このごろ何だかとっても蒸し暑いイギリスです。そろそろドカン!と大きなストームでも来てくれないかな~っと待っているもののなかなか。。。ま、冷夏よりはマシですね。(笑)

では皆さま、良い週末&1週間を~!
d0092518_8554457.gif
ありがとう!。。。ポチっと懲りずに応援よろしくお願いします♪

d0092518_8564012.gif
ありがとう♪お立ち寄りの際には懲りずにポチっと宜しくお願いします♪

お詫び:時々ブログとは無関係のコメントが入る事があり、それが皆さんの目に触れないよう現在コメント&トラバ共に承認制を採らせてもらっていますが、今まで通り気軽にコメ&トラバしてくださいね。楽しみにしていま~す!
[PR]
by bunnuby-yums | 2009-06-27 23:50 | 旅行

Cornwall - The Lizard

d0092518_6554468.jpg
週末はイギリス本土は最南端の地、コンウォールのThe Lizardへ行って来ました♪今回は友人カップル&友人家族同伴で総勢9人の小旅行。嬉しくも滞在中は連日とってもいい天気に恵まれたので、たっぷり大自然を満喫すべく美しいコンウォールの海沿いにあるコースト・パスを歩きました。
d0092518_761948.jpg
去年初めてのコンウォール旅行でその美しさに魅了され、それ以来「またすぐにでも来たい!」という願いが叶いました♪今回もその美しい思い出と記憶を裏切る事のない真っ青な空と透明感溢れる海。私は何時間でもここに居られるな~。
d0092518_7173153.jpg
去年初めてコンウォールに来るまで、イギリスでこんなに綺麗な海が見られると思ってなかった。。。というのが本音。もう今では海外に太陽を求めるより、何度でもここへ来たい!と思う程コンウォール・ファンになってしまいました。(笑) 
d0092518_725862.jpg
今回歩いたのはKynance Cove方面へ。コンウォールにはこうしたコースト・パスを楽しめる場所が他にも沢山あるそうです。バースからこのThe Lizardまでは車で片道4時間。次回は1週間の予定でのんびり来たいな~と思います。夏にでもまた行きたいね~っと話しております。

このところイギリスはず~っと良いお天気に恵まれています♪まだ吹く風こそやや冷たいものの、冬が寒かった分、連日のこの太陽はとっても嬉しい限り。冬用のコートはさっさとクリーニング屋さんへ出し、スプリング・コートで過ごせるこの時期は足どりも軽くなります!

今週末はイースターで4連休の方が多いんではないかと思いますが、うちの会社は火曜日までお休みなので5連休☆皆さん、良いイースターをお過ごしくださいね~。

グリムス・アップデート:順調に育っています!でもまだ「芽」ぽいんだよね~。早く「木」に成長しないかな~。

d0092518_7382338.gif
ありがとう!。。。ポチっと懲りずに応援よろしくお願いします♪
d0092518_7385687.gifありがとう♪お立ち寄りの際には懲りずにポチっと宜しくお願いします♪

お詫び:時々ブログとは無関係のコメントが入る事があり、それが皆さんの目に触れないよう現在コメント&トラバ共に承認制を採らせてもらっていますが、今まで通り気軽にコメ&トラバしてくださいね。楽しみにしていま~す!
[PR]
by bunnuby-yums | 2009-04-08 22:51 | 旅行

ホリデーに行ってきます♪

d0092518_895121.jpg
www.maltamalta.com

今週末より、地中海の真ん中にポツンとある国マルタ島へ行ってきます!ロンドンから飛行機で3時間程の距離、ちょうどイタリアはシチリア島の南、アフリカはチュニジアの右隣といった場所になります。

今回は(も?)ゆっくり、の~んびりが目的です。観光とリラックスの時間を上手く組み合わせて、ホテルのスパで癒されて来ま~す☆

バースの街には既にクリスマスのイルミネーションが見られるようになりました。夏らしい夏が迎えられなかった今年、そしてお仕事に追われるまま年末になってしまった事も手伝って「あれ?まだ夏休み採ってないんだけど?」という気分の我が家。相棒共々このホリデーが「サマー・ホリデー☆」のつもりです。(遅すぎっ!爆)

ホリデー後から、クリスマスに向けてクリスマス感をたっぷり味わうつもりで~す!。。。って、今年はクリスマス・ディナー作らなければならないかも。。。ビクビク。。。ぞぞぞっ。。。

今週末は寒さが厳しくなると予報されているイギリス、在英の皆さま、急激な寒さで体調をく崩さぬよう気をつけてくださいね~。

では、行ってきま~す!・・・っと言いたいところですが、現在まだスーツケースのパッキンが終わらず、3分の1は先ほどまでお洗濯中により只今乾燥中。明日空港へ向かう前にアイロンがけ作業となりそうです。。。まったくいつもギリギリなこの性格どうにかならないものやら。(笑)
[PR]
by bunnuby-yums | 2008-11-20 23:05 | 旅行

Sandbanks in Poole: Dorset

d0092518_6304373.jpg
この週末はと~っても良いお天気に恵まれ、土曜の朝はカーテンからこぼれる日差しで目が覚めました!「結局今年も夏らしい夏が来なかった。。。」と悲しい気分だったのを神様が察してか、土日連続のポカポカ陽気に街行く人もみんな笑顔。こんなに良いお天気だから、どこかへ行こう!って事になり、以前から同僚にお薦めされていたドーセットのStudlandへ行く予定だったものの、生憎Studlandへ渡るフェリーがメンテで閉鎖。。。ナビに案内されるままにやって来た私達、実は自分達がどこへ居るのかすら把握出来ていない状況のまま、たどり着いたその場を散策する事に。。。何だか素敵な豪邸が沢山あるな~なんてのんきに構えていたら、なんとこのサンドバンクスはミリオネアご用達の地なのだとか?!・・・っと、帰宅してリサーチして発覚!(爆)
d0092518_6412576.jpg
さて、このサンドバンクスどの辺にあるかというと。。。ボーンマスのお隣はプールという街からひょいと飛び出た場所にあるんです。←これも、帰ってきてから知りました。(爆)我が家からは車で2時間ちょっとの距離になります。上の写真からも分かるように、一方にはボーンマスまで広がる砂浜ビーチ、そして反対側にはヨットやボートの並ぶ港と、いわば一挙両得的な素敵な場所なのです!
d0092518_648841.jpg
まずは砂浜ビーチの散策から♪この日は本当にポカポカ陽気で半袖で充分快適に過ごせる程。まさか、このイギリスで10月中旬にビーチでくつろげるとはおもってもみなかった。あ~極楽・極楽♪
d0092518_6503527.jpg
あ~ヨットでセイリングもいいわね~~~♪。。。って私船酔いするんだった。でも見るだけは全然OK!素敵だわ~。あ~青い空、コレなのよコレ、私が待ち望んでいたモノは。。。ストレス解消&気分上々♪
d0092518_654787.jpg
ワンちゃんも上機嫌!海に入ったり、ボールを追いかけたり大騒ぎ。私も調子にのって足だけ海水浴!水もそんなに冷たくないわ~。ウェットスーツ着たら余裕で泳げるな、これは。。。っと一瞬頭を過ぎったものの、自分の地獄絵にも似つかわしいであろうウェットスーツ姿を想像して断念。(爆)
d0092518_659349.jpg
っと思ったら、入ってるよ。。。このお姉さん!しかも水着姿で?!横でボディーボードをしているのは彼女の息子さんらしかったけれど、彼はウェットスーツ着用。その後、この坊やのパパらしき人が海へ飛び込んで行きました。かなりスポーティー兼チャレンジャーなご家族なのだと。(笑)

しばらく青い空の下、どこまでも続く海を眺めながらリラックスしたらお腹が空いて来たので、街を散策してみる事に。サンドバンクスのビーチ&ハーバーエリアにはカフェとレストランが数件あるくらいでしたが、モダンなインテリアがとっても素敵なCafe Shoreに入ってみました。
d0092518_781661.jpg
運転手はコーラ、助手席専門の私はキリっと冷えたピーノ♪(鬼嫁じゃ~ないんですよ、運転手は普段からそんなに飲まないんです。便利な人だわ~ふぉ~ふぉっふぉっふぉ~っ!)店内のプラズマには何億とする豪邸の物件情報も。客層も落ち着いていて、土曜の午後をカクテルやワインと共に楽しむ人で溢れていました。スタッフは皆とても親切でフレンドリー、適当に入った場所にしては大正解♪
d0092518_7133334.jpg
Café Shore Club Sandwich £9.95 - Free Range Chicken, Cured Bacon, Vine Tomato, Rocket, Poached Egg & Sauce Mousseline
フォッカッチャのオープンサンドだった。。。(笑)想像していたクラブサンドとは違ったけれど、運転手(=相棒)大満足♪ポーチド・エッグのポーチ具合が最高!とご満悦の様子。
d0092518_7192987.jpg
Shore Salad £9.95 - Free Range Chicken, Avocado, Mango, Mixed Leaves & Curried Crème Fraîche
このサラダ、完全にツボに嵌りました!全体のバランスとマンゴーが絶妙☆そしてアボカドの上に乗っているカレー風味のクリームとの相性がまた最高!素敵・・・完全無言で一人の世界に入り、あっという間にご馳走様♪付け合せにフレンチ・フライもたのみました。あ~なんて素敵な土曜日なのかしら~~~。。。まさに至福のひと時とはこのことよね♪
d0092518_727591.jpg
食事の後はハーバーの見学に。ヨットや小さなボートが点々としています。
d0092518_7294390.jpg
ウォータースポーツを楽しむひとや・・・
d0092518_730501.jpg
ポカポカ陽気を最大限に楽しむべく飛び込む子供!(かなりいいシャッターチャンスだった。笑)
d0092518_7321455.jpg
ボートに止まり休憩中のカモメの子供もいたり・・・
d0092518_7332298.jpg
遠くには大きな船も見えました。

っと、ここでふと気になったのは。。。
この点々と止まっているボートに皆さんどうやってたどり着いているのか???
答え↓
d0092518_7362487.jpg
サーフボードの上に立って漕いでます。(爆)偶然見かけたカップル。他の方はゴムボートで行ったり、泳いでる人も中には。色々ですね~。(笑)
d0092518_739189.jpg
そうこうしているうちに日が暮れて来ちゃいました。。。

暗くなる前に帰路に着くことに。最初の目的地とは違ったけれど、素敵なサンドバンクスという街を発見&満喫した土曜日となりました。
d0092518_7431041.jpg
こんな綺麗な夕日を横目にサンドバンクスを後に。また来るよ~!皆さんもドーセットへお出かけの際には足を伸ばしてみてくださいね。

人気blogランキングへありがとう!。。。ポチっと懲りずに応援よろしくお願いします♪
FC2 Blog Rankingありがとう♪お立ち寄りの際には懲りずにポチっと宜しくお願いします♪
[PR]
by bunnuby-yums | 2008-10-13 22:27 | 旅行

コッツウォルズの村 バイブリー sanpo

d0092518_5493145.jpg
先週の日曜日の午後、ドライブがてらバイブリーへ行ってきました。思い起こせば最初にここへ来たのは今から10年程前の事。大学時代の友人の彼が、日本から訪ねて来た親戚を案内する為にレンタカーを借りてコッツウォルズ巡りをするから一緒にどう?と誘ってもらったのがきっかけ。一通り回ったコッツウォルズの村々の中でも深く印象に残っているバイブリー。どこか懐かしい感じさえうける様子は全く変わる事なく、思い出のままの美しい村。
d0092518_5591525.jpg
ウィリアム・モリスがかつて「イギリスで一番美しい村」と讃えたその美しさは今も変わる事なく、まるでこの場所だけ昔の写真集から飛び出てきたような、そんな美しい風景が広がっています。そして、なんとなくこの場所だけ時間がゆっくり流れているような、そんな錯覚にさえ陥ってしまう素敵な場所。村の中心を流れるコルン川の水は透明度が高く、以前ここを訪れた時も野生の鴨や白鳥が水浴びをし、よ~く見てみるとその足元にはマスが群れを成して泳いでいます。
d0092518_683414.jpg
バイブリーのシンボル的存在なのがこのスワンホテル。なんでもこのホテルの側にはマスの養殖場があり、レストランではこの村特産のマス料理が楽しめるのだとか。今回は外が暗くならないうちに駆け足でも観光だったので、次回のお楽しみにする事にします。秋色に色づいた蔦がなんとも良い雰囲気♪イギリスでもこうして紅葉が楽しめるのは良いですね~。
d0092518_6163317.jpg
スワンホテルに向かって左手にはコルン川を中心にこんなのどかな風景が広がっています。いつもは世界中からの観光客の皆さんで賑わうこの村も、日曜日の夕方という事もあってかとっても静かで時間がゆっくり流れていました。こういう場所に居ると、日頃のストレスから解放され心が洗われるような気分になりますね~。
d0092518_6235832.jpg
川沿いに奥へ向かって行くと、今度は右手にアーリントン・ロウの家並みが見えてきます。(一番上の写真がそれです)もともとは、17世紀に織物職人達の家屋だったのだとか。ここだけ時間がとまってしまったかのように、いまでもその昔からの姿を変えることなく静かにたたずんでいます。煙突からでている白い煙が何だか絵本から飛び出してきたような、そんなメルヘンな気分にさせてくれます。
d0092518_6341362.jpg
アーリントン・ロウの家並を右手に見ながらしばらく奥へすすんで行くと、なにやらバイブリー・コート・ホテルとサインが出ていたので入ってみる事に。
d0092518_637871.jpg
すると、こんな古~いお屋敷がありました。ホテルとして利用されているようですが、宿泊者ではなくともランチやお茶の利用ができるようです。ここも、そろそろ辺りが暗くなってきたため今回は見学のみ。綺麗に手入れの行き届いた前庭を散歩していると、なにやら川のせせらぎが聞こえるので、音のするほうへ歩いて行ってみました。
d0092518_6412976.jpg
ここにもコルン川が流れていました。村の中心部と変わる事なく透明な水。夏の暑い日にはいいだろうな~なんて思いながら、しばし川の辺で休憩して帰路に着きました。

思いつきでふら~っと出掛けた日曜の午後。1時間ばかりの滞在でしたが、とっても気持ちがリラックス。気温こそ下がっているものの、秋晴れに恵まれている今日この頃。またふら~っと紅葉見学がてら、コッツウォルズの村巡りに出かけてみようと計画中です。

人気blogランキングへありがとう!。。。ポチっと懲りずに応援よろしくお願いします♪
FC2 Blog Rankingありがとう♪お立ち寄りの際には懲りずにポチっと宜しくお願いします♪
[PR]
by bunnuby-yums | 2008-10-10 21:44 | 旅行

St Ives - Cornwall 海よぉ~~~~~っっ!!!

d0092518_31632.jpg
日本はゴールデン・ウィーク終盤、イギリスは今日がバンク・ホリデーで3連休、良い休暇が過ごせましたか?私はコンウォールはSt Ivesでの休暇を終えて無事戻りました!イギリス国内旅行で気がかりなのがお天気。行く前は「多少寒くても、お天気悪くても、日常の忙しさから解放されてのんびり過ごすぞ~」なんてそうそう期待もしていなかったのが吉と出たのか、お天気にも恵まれて、最高のコンウォール・デビューとなりました♪

では、St Ivesは何処なのか?というと、イギリスの南西部に位置し地図でみると一番下は左端の方です。最寄り駅Bath Spaからは電車に揺られて約5時間強くらいでしょうか?途中乗り継ぎがありますが、新聞&雑誌片手に車窓からの眺めを楽しんで、久しぶりの電車の長旅もいいものね~。この時点ですでにリラックスモード。会社の同僚の話では、車で行っても5時間程かかるそうです。


d0092518_3172296.jpgコンウォールの入り口プリマスで乗り換えの電車を待っていたあたりから、この日はお天気が良かった事もあってビーチ・サンダルやショート・パンツ姿の人たちに囲まれ、いかにもローカルじゃないね。。。という格好の私達。そのまま電車に乗り換えて揺られる事更に2時間、St Erthに到着!

St Erthからは楽しみにしていたThe St Ives Bay Lineに乗り換え、いざ滞在地St Ivesへ。わずか20分足らずの短い海岸線ですが、目の前一面に広がるサンディー・ビーチと真っ青な海は一見の価値ありっ!上の写真は先回の記事でもアップしたものですが、まさにこんな感じ。窓の外に広がる景色に「きゃ~素敵~~~!!!きれ~~~っ!!!」っと騒ぐ私を横目にカメラを回す相棒。「ああ、来て良かった~。」(あまりの嬉しさと解放感にやや目頭が熱くなるbunnuby-yums。。。オヤジ化現象?!ひいっっっ!!!)

d0092518_318119.jpgSt Ivesには4つのビーチがあります:横の地図右からPorthminster BeachSt Ives HarbourPorthgwidden Beach、そして Porthmeor Beach

うち2つ(PorthminsterとPorthmeor Beach)は水質や環境面でのHigh qualityを認められているブルー・フラッグ・ビーチなのだそう。

d0092518_326710.jpg
Porthminster Beach
ブルー・フラッグ・ビーチというだけあって、その水の透明感、ビーチの清潔感と全て行き届いている感じでした。ここでぼ~っと海を眺めながら1日過ごすのにはもってこいの場所。私と相棒はフリスビーを購入し、ここでかなりアクティヴに運動!あまりにハッスルし過ぎて転んで砂まみれになりました。。。(汗)

d0092518_332299.jpg
St Ives Harbour
ポストカードなどでもおなじみのSt Ives Harbour。私達が1週間滞在したフラットもこのハーバーを一望できる場所でした。潮の満ち引きで、浜辺の広さが1日に2回程変化。潮が引いた際にはボートが砂浜にコロンと止まっていたり、遠くまで歩いていく事ができました。このハーバーの周りには、お土産屋さんやギャラリー、パブやレストランなどが軒を連ねています。

d0092518_338750.jpg
Porthgwidden Beach
Porthminster、St Ives HarbourとPorthmeor Beachの間にひっそりとあるのがPorthgwidden Beach。こじんまりとしているものの、ちょっとした隠れ家的ビーチで素敵な場所。夏は広いビーチもいいけれど、こんなひっそりとした場所でのんびりするのもいいな~なんて。

d0092518_3435283.jpg
Porthmeor Beach
サーファー天国!目の前にはテートギャラリーがあり、Porthminster 同様にブルー・フラッグ・ビーチに認定されています。左側にちらっと見えているのが、このビーチを一望できるPorthmeor Beach Cafe♪ここへ来たらここでお茶やランチをするのをお薦めします!

っと、こんな感じでSt Ives中のビーチを満喫してホリデースタート!これから少しづつ旅レポしていきますよ~。さすがにまだ4月後半という事もあって、海で海水浴!って訳にはいきませんでしたが、足海水浴だけはして来ました。(笑)

一時、ウェットスーツをレンタルしてサーファーと共に海に入ろうか・・・っと思ったものの、まだボディーボードやサーフィンの半日コースを実施していないようだったので断念。。。でも近い将来必ず実行する予定です!でも、ウェットスーツを着た自分の姿を想像しただけでも恐ろしい・・・この世のものとは思えないブサイクな姿に違いなし。(汗)まあ、調子に乗って海に入らなくてよかった。。。というのも、ホリデー最終日より風邪の症状がでて、薬&トローチ漬けの日々でしたが、なんとか完全回復に向かってるので、明日からまたお仕事頑張りま~す!

人気blogランキングへ夏はもうすぐ!大暴落中。。。ポチっと応援よろしくお願いします♪
FC2 Blog Ranking大暴落中。。。お立ち寄りの際にはポチっと宜しくお願いします♪

RIP Ben Foster
[PR]
by bunnuby-yums | 2008-05-05 19:17 | 旅行

「花の都」フィレンツェ♪

皆さん、週末はいかがお過ごしでしょうか?今日のバース&我が家のあるバース近郊はとってもいいお天気に恵まれ、やや「小春日和」?かと感じたものの、まだ吹く風は冷たく、危うく薄着で外出するとかな~り寒い思いをするような、そんな1日でした。

さて、また気がつくと月が替わってた・・・。もう3月なんだ。ビクッ。(恐)
ちなみに本日は「桃の節句・ひな祭り」じゃ~ございませんのぉ?先日、「あ~、もうすぐ雛祭りだから、ちらし寿司でも作ろうかな~」っと、思っただけですっかり忘れてました。ハマグリ探してお吸い物も作るハズだったんだけど・・・。残念無念。本日の晩御飯は「お野菜たっぷりボロネーズ」でございました。注:どこが、桃の節句なんでしょう・・・。(汗)

さて、またまた「今更シリーズ化」している旅行記です。今回はフィレンツェ編!
底冷えのしたミラノから、またもやESスターに乗りフィレンツェに到着!ローマやミラノの駅に比べてこじんまりとした、到着した途端に何だか心安らぐような、そんな素朴な駅でした。まずは駅周辺に予約しておいたホテルにチェック・イン!荷物を置いて、早速観光に出かけました。
d0092518_2483489.jpg

中央駅を出てすぐ目の前にある通りを左側に、道なりに歩いて行くと、花の聖母教会ドゥオーモ・カテドラーレが見えて来ます。なんでもここはフィレンツェの象徴で、かつてフィレンツェが共和国だった時代には宗教の中心だったそうで、ピンク・白・グリーンの大理石の幾何学模様で飾られたとっても美しい大聖堂です。

d0092518_2592219.jpgd0092518_2595144.jpg
d0092518_2501443.jpg
ちょうど時期的に12月に入っていた事から、街にはクリスマスのイルミネーションが。あいにくの悪天候だったものの、充分雰囲気のある街並み。しばらく街をぶらぶらウィンドー・ショッピングしながら、観光。
石畳の細い路地が沢山あって、何だか少しバースを思い起こさせるような、こじんまりとしているけれど、素敵な魅力に満ちています。

d0092518_5143165.jpg
ここがフィレンツェ最古の橋ヴェッキオ橋。この写真からではなかなか橋だという事が分かりにくいものの、バースにあるパルトニー・ブリッジと同じような感じなので、バースを訪れた事のある人なら感じが掴めると思います。このヴェッキオ橋は、戦時中ヒットラーも通った事もあるそう。(汗)今では彫金細工店や宝石店が軒を連ねる一大名所となっています。この橋から眺めるアルノ川の眺めは最高!ここから見る夕焼けもまた格別だとか。

下の写真は、ヴェッキオ橋から見た眺め。悪天候だったにも関わらず、なんとも哀愁漂うフィレンツェのアルノ川。とっても落ち着く街で、すぐにでも住めそうな雰囲気。都会に比べて人も温かい感じがしました。
 d0092518_526531.jpgd0092518_526335.jpg
d0092518_527425.jpgd0092518_5285329.jpg
 d0092518_5372533.jpg
お次は「食」!フィレンツェでとっても印象に残っているトラットリア・アニタ。カルミネ教会の近くにある家族経営のトラットリアで、トスカーナ・フィレンツェ料理が楽しめる隠れた穴場だそう。確かに見つけ難かった・・・。一緒に行ったTMKさんの提案で、ここはかなり当たり!細い路地を入って行った所にあり、店内は地元のお客さんでいっぱい!何でも昼はカジュアルで、夜はエレガントと雰囲気も変わるようです。
d0092518_5434363.jpg穴場のこのトラットリア、お得なランチメニューあり♪プリモ(パスタ)&セコンド(肉料理)にパン付きで、何と7ユーロっ!!!スタッフの対応も親切かつフレンドリーで2重丸。

まずは私が頼んだプリモ、パスタのラグーソース(ミート・ソース)。赤ワインがきいた納得のコクありソース。パスタもしっかりアル・デンテ。やっぱりイタリアのパスタは違うわ~っと感心しながらペロっと平らげました。(笑)

d0092518_5512029.jpg
そしてセコンドはポークを注文。ややテリーヌのような食感で、ソースにはどこか懐かしい味が・・・。っというのも、「これ、お醤油?」っと思わせるような風味でした。(笑)付け合せには、旅で不足する野菜を選択。普通に茹でた野菜ではなく煮込みのような優しいお味で、メキャベツ・レッドオニオン・赤ピーマン等など盛りだくさん!


トスカーナの料理はどれも味付けがしっかりしています。そのためもあってか、トスカーナ産のパンには塩が一切使われてなく、あっさりした味ながらも、トスカーナ料理にはよく合うコンビネーション。あとで、現地在住の日本人の方と話機会があって聞いたところによると、昔パンは保存食だったため、塩を使用すると痛みが早くなる・・・という理由だったそうで、そのころから変わらぬ習慣となったのだそう。

d0092518_673835.jpgランチの後は、再び観光+ウィンドー・ショッピング。そして息抜きにお茶。(食べてばかりなのね、やっぱり。笑)残念ながらお店の名前は覚えてません・・・。私の選択したタルト。フルーツタップリで美味しかった♪メニューが全てイタリア語で分からずその旨を伝えたら、ガラスケースから選ばせてもらえました。

下の写真は、サンタ&クリスマス砂糖菓子と、トスカーナ地方のお菓子です。どれもとっても可愛い~!

d0092518_6152737.jpgd0092518_6155777.jpg
d0092518_6164781.jpgd0092518_6174295.jpg
そして食情報はまだまだ続きます。フィレンツェが最終観光地となった今回の旅、TMKさんとの最後の晩餐で「まだまだパスタを食べたりないっ!」って事から、疲れた胃をひきづりつつも、パワフルTMKさんの押しで出かけたのが、フィレンツェ駅右手にあるカジュアルなレストラン。(ごめんなさい、また名前を覚えてません・・・ブロガー失格。)
d0092518_6205698.jpgd0092518_6223165.jpg
2種類のパスタを盛り合わせてくれるメニューがあったので、それに決まり!左が私のもので、オリーヴ&アンチョヴィ・トマトベースのものと、あっさり塩味アサリのボンゴレ+ムール貝。TMKさんのチョイスはペスト&トマトベースの物。これで思い残す事無くたっぷりパスタを平らげホテルへ戻りました♪

d0092518_6384085.jpgそして番外編!また「食」です。(笑)今回のイタリア旅行中晩酌の例。これはフィレンツェのホテルでつまんだ物達。毎晩レストランでディナーでは胃ももたれる事もあり、時には休憩とTMKさんとのガーリー・チャットを楽しむ為ホテルでまったり晩酌をしました。

イタリアにはサーモンのフィラデルフィ○のクリームチーズがあり、これは初日のローマで発見して以来の大ヒット♪帰国してから、イギリスのスーパーで探したものの、残念ながら今のところ見つかっていないので、UKでは手に入らないのかも。これをクラッカーに塗って、冷えた白ワインとつまめば話に花が咲く咲く。そして、生ハムも必須!イタリアに旅行の際は是非お試しあれ!

そして、フィレンツェでは駅の右手にある小さなスーパーのデリにて、サンドライド・トマトとマッシュルームのオリーヴオイル漬けも購入!この為にもっとイタリア語を勉強しておくべきだった・・・。勉強不足ゆえビクビクしながらも、なんとかイタリア語で「○○を100グラム下さい」っとオーダー。何とか通じたようす・・・。ふぅ。

そんなこんなで、フィレンツェ編は食情報満載になりました。(笑)次回の旅行記はとうとう最終回、フィレンツェから電車の旅、ピサ編です。


FC2 Blog Ranking気に入ってもらえたらポチっと一押しよろしくお願いします♪
人気blogランキングへこちらも引き続き応援よろしく。ポチっとお願いします。
[PR]
by bunnuby-yums | 2007-03-03 21:39 | 旅行

ミラノ観光&セリエA観戦

こんばんわ♪まだまだ風邪引きさんがおおい昨今ですが、いかがお過ごしでしょうか?ど~いう訳か、周りでは男性陣の風邪引きさんが異常に多い!マリオも今週から仕事に復帰して来たものの、まだまだ風邪の症状を引きずっている様子。それにしても、最近何だか異常に時の経過が早い・・・。もう2月も下旬に差しかかっているとは・・・。最近どうなっちゃってるんでしょう?12~1月のような忙しさはない筈なのに、本当にあっという間に時が過ぎてます。まあ、この調子で行くとあっという間に黄色いラッパ水仙の咲き乱れる春の到来も近いかな~って事で良しとしましょう♪

さて、また今更ネタのイタリア旅行記の続編。今回はミラノ編です!

d0092518_6105372.jpgローマに3泊した後、ESスター(イタリア版ユーロスター)にてミラノへ出発!とりあえずユーロスターって事で、少しはゴージャス感のあるものを想像していたものの、かなり普通でした。(笑)まあ、2等車両だった事もあると思いますが、バース・ロンドンパディントン間を走るファースト・グレート・ウェスタンのスタンダード車両の方がややランク上な感じ?(笑)そして、指定席の取り方も微妙・・・。普通2人で同時に指定券を取った場合、隣同士か向い同士に席を取ってもらえそうなものの、何と斜め向かいだった。なかなか話ずらいかったのよね、これが。(泣)

d0092518_6202189.jpg何はともあれローマ・ミラノ間約4時間半の電車旅を終えてミラノ中央駅に到着!残念ながら駅の全体像を写真に納めるのをすっかり忘れてしまったものの、ムッソリーニ時代の建築を代表するといわれている素晴らしい建物で、やや美術館にでも来たかの様な雰囲気でした。ミラノはファッションの発信地ということもあって、駅構内にはイタリアンブランドの広告が盛りだくさん!

まずはツーリスト・インフォメーションにて情報収集、そしてトラムにてホテルへ。このトラムがなかなかレトロで、床や窓枠など全て木製!地下鉄ほど利用し易くもない様で、ホテルの最寄の駅まで何個目!っとTMKさんと指折り数えて降りる場所をチェックしたものの、予定より1つ前で下車。(笑)スーツケース抱えてトラムに乗る人もあまり居ないだろうな~っと思いつつも、チャレンジャーTMKさんの先導により無事ホテルに到着!

d0092518_6325958.jpgホテルに着いて一息ついた直後に向った先は、サン・シーロスタジアム!実はここに至るまでちょっとしたて違いがありまして・・・。インテル戦をすっご~く観いっと懇願していたTMKさんだったんですが、実はあの方、試合が翌日の日曜日と勘違いされていた模様で、ミラノ中央駅のインフォメーションで「えっ?そのマッチ(試合)今夜だよ!」っと案内係りの人に言われるまで気がつかなかった!したがって急遽予定変更で、到着早々サッカー観戦に出かける羽目になった訳です。(笑)ホテルからスタジアムまでは、調べた結果徒歩圏内。地図を片手に、ミラノの住宅街観光も踏まえて歩きました!なかなか思う存分時間の取れない観光旅行では、こういう素顔の町並みを見ることが出来なかったりもするので、スタジアムまでの道のりは興味深々♪最寄駅からシャトルバスが出ていたので、そこからはバスを利用しました。スタジアムに到着早々にチケット購入。チケット購入の際にはIDを求められるので、パスポートを持っていくことをお薦めします。

d0092518_650373.jpgチケット購入を済ませ、しばしセリエAサポーターの雰囲気を観察した後は、観戦前の腹ごしらえ。トルティーヤにタップリの生ハムとチーズがサンドされていて、ホットサンドプレッサーでギュ~っとした感じのモノ。当然名前が分からないので、周りで買っていた人の物を指さしたものの、最初はビールだと思われ、とっさに「パニーニ!」っと叫んだら、何とか通じた様子で無事に欲しかったものをGET。(笑)イタリア語の勉強していかなかった罰が当たった気分。(泣)で、お味の方はというと、これが最高に美味しかった♪イギリスではあの量の生ハムを買ったら10ポンドは軽く超えるって程のモノが、確か2ユーロ位だったような。もともとイタリアでは生ハムを存分に堪能しよう!っと思っていたので、その目標はこれでクリア。食べ終わる頃には「もう生ハムは見たくない・・・」って気分になるまで堪能♪(笑)ただ、この晩かなり喉が渇きました。塩分過多なB級グルメかな?でも、また食べたい一品です。誰か名前しりませんか???

d0092518_762621.jpg腹ごしらえを終え、早速スタジアムに入場!サッカー生観戦初体験の私は興味深々。やはりそこは「男の世界」って雰囲気。恐らくTMKさんのお誘いがなければ一生経験しなかったであろう事間違いなし!(笑)やはり友人としては彼女の趣味を共有する為、自分の「快適」ゾーン脱出!いつもは女の子らしい事が好きなTMKさん、どっかに「男魂」が存在しているっとは思っていたものの、ここで炸裂!入場してチケットを参考に場所を探していると、なにやらラテン系男性がTMKさんに声をかけてきて、案内されるがままにゴール裏の席へ。さすがに上から見るスタジアムは見晴らしも良くて迫力満点!TMKさんがラテン男とサッカーネタで盛り上がる横で、初めて遊園地に来た子供のように目を丸くして、しばらくスタジアムに見入っておりました。

d0092518_7185745.jpgそして試合開始!開始と同時に応援歌(っていうのかしら?)やらダンスやら私には???の事が連続。あっけに取られていると、発炎筒まで炊かれてモクモク・・・。嫌~な予感的中。そう、私達が案内された先は、熱狂的インテルサポーターが集まる「サポーター」席だったんです。(笑)そして、例のラテン男はその筆頭とも言える熱狂的サポーター。発炎筒の後はスパークラー(手持ち花火)まで回ってきて、それと共に応援歌合唱!サポーターはサンブーカ(アルコール度40%はあると思われる)で上機嫌、プラスオランダのある地方で合法化されているある種の「タバコ」(注:私は吸ってませんよ。笑)まで登場!インテル先制ゴールも手伝って、サポータは更に応援炸裂。後半には、周りにいた一般サポーターからも「おいおい、大丈夫?」っと聞かれる程までの盛り上がり様。心配したのもつかの間、しっかり例のラテン男が私とTMKさんの面倒を見てくれました。最初はど~なる事か?っと思ったものの、彼のお陰で安全に観戦できました。(笑)後でこの話をサッカーファンの友人に話したら、これらは全てイギリスのスタジアムでは禁止されているとの事。かなり羨ましいっと言われましたが・・・。(笑)TMKさんのお陰(?)でいい経験ができました。で、「じゃあ、また行く?」っと聞かれたら・・・悩みます。(笑)次回はVIP席でマッタリ観戦なら行くかな。(笑)

d0092518_738276.jpgサッカー観戦の翌日はミラノ観光!まずはランドマークであるドゥオーモへ。現在正面が工事中のドゥオーモでしたが、それでもこの迫力は凄かった。ドゥオーモはゴシック建築の大傑作で、135本もの塔が突き刺すように延びています。とにかく細工の細かさには圧倒されます!あいにくの天気だったこともあり、屋上へは上がらなかったものの、天気のいい日にはアルプスの山並みも見られるとか。この日は日曜日だったこともあり、ドゥオーモ内部では礼拝がとりおこなわれていました。内部は非常に広く、ひんやりと薄暗い厳かな雰囲気。礼拝は洗礼を受けた人のみの参加ということで、私は外から見学しただけでしたが、タップリと雰囲気を味わえました。

d0092518_7513332.jpg



ドゥオーモ見学の後は、かの有名なガッレリア。高く美しいアーチ型のガラス天井のアーケードがスカラ広場へと通じています。ここにはいわゆる世界の一流ブランドが勢ぞろい!やはりファッションの発信地ということもあって、行きかう人はとってもお洒落な人ばかり。しばらくファッション・チェックをするのにも最適な場所!

d0092518_7595128.jpg


そして、ここを訪れたのがクリスマス前という事もあって、クリスマスツリー♪スワロフスキーのクリスタル・オーナメント(飾り物)が一面に飾ってあり、とっても綺麗&迫力満点。ガッレリアの雰囲気も手伝って、シンプルかつ高級感も・・・。

d0092518_852023.jpgd0092518_854934.jpg
ガッレリアを抜けてスカラ広場へ。スカラ広場の前に見えるのはオペラの殿堂スカラ座(写真左)。本場でのイタリアンオペラの鑑賞実現には至らなかったものの、いつかは・・・っと夢見ております。イタリア語で意味が分からなくても、素晴らしい声や表現力によって充分感動は得られるのがオペラの良いところ。バレエもいいけど、ここではやはりオペラかな~。いつか実現させます!

イタリア北部に位置するミラノはかなり底冷えしました。暖冬のイギリスで身体が慣らされていた事もあって、ここでの寒さはこの冬一番の冷え込みだったかも・・・という位の冷え込み。地面からジワジワと寒さが身体に上がって来る様な感じ。

d0092518_8153272.jpgd0092518_8172261.jpg
スカラ広場を後にして向った先はスフォルツァ城。完成は1466年で、レオナルド・ダ・ヴィンチも建築に関わったとか。このスフォルツァ城、四方を塔で囲み、中には幾つかに分かれた市立博物館があります。1395年にヴィスコンティ家、それに続いてスフォルツァ家の支配を受けたミラノ公国の歴史を伝えているそうです。

ミラノと言えば、サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会の「最後の晩餐」(レオナルド・ダ・ヴィンチ作)が有名ですが、今回は残念ながら予約が取れず断念・・・。オフ・シーズンだからっとぼ~っとしていて、1週間前までに予約を入れなかったのが原因。ローマから電話を掛けたときには既に予約一杯!TMKちゃん、ゴメンね・・・。かわりに絵葉書を買って来ました。(笑)


FC2 Blog Ranking気に入ってもらえたらポチっと一押しよろしくお願いします♪
人気blogランキングへこちらも引き続き応援よろしく。ポチっとお願いします。
[PR]
by bunnuby-yums | 2007-02-16 20:59 | 旅行